ヒアロディープパッチ ほうれい線への効果

ヒアロディープパッチ ほうれい線への効果

ヒアロディープパッチは特に「ほうれい線への効果」が注目されています。

 

ほうれい線になぜ効くのか・・・まず始めに、ヒアロディープパッチの
ヒアルロン酸ニードルの開発の参考にしたマイクロニードル技術を説明します。

 

ここを知っておかないと、ヒアロディープパッチの効果の秘密が理解しにくいので。

 


医療の現場で使われている「マイクロニードル技術」を
参考にして開発した、世界初のヒアルロン酸ニードルとは?

 

「マイクロニードル技術」とは、マイクロサイズのニードル(針)を並べて敷き詰めたシートを、直接肌に貼りつけ薬剤を直接体内に注入する技術です(「痛くない注射」と言われています)。そして、このマイクロニードル技術を参考に開発したのが、今回のヒアルロン酸ニードルです。これは「マイクロニードルそのもの」をヒアルロン酸で作り、肌の深部に直接ヒアルロン酸を届けるという世界初の技術なのです。

 

ちょっと専門的になりましたが、ヒアロディープパッチに使われているヒアルロン酸ニードルは、「世界初の画期的技術」です。

 

この、世界初の技術を使うとどうなるのか?
まずは、写真で簡単に説明します。

 

実際に使うと

 

 

 

このように、ヒアルロン酸でできた針(ニードル)が、しっかり浸透します。

 

でも痛くないの?

ヒアルロン酸の針(ニードル)がしっかりしているので、少しチクチクします。しかし、ヒアルロン酸の針(ニードル)は先端の方が10一15分ほどで溶け始めて肌と馴染むので、チクチク感はずっと続くわけではありません。

 

 

その後針が完全に溶け、
成分が角質層まで浸透するまでは5時間ほどかかります。

 

これで、肌の奥までヒアルロン酸が入っていくのを実感できそうですね。

ほうれい線について詳しく説明します

 

年齢がでやすい、ほうれい線や口元。
意外とその原因や対処法については詳しくしらないですよね。

 

では、その目立つ理由をおさらいしてみましょう。
ヒアロディープパッチのほうれい線への効果を検証する上でも知っておきたい知識です。

 

 

理由その一 乾燥
乾燥すると肌は固くなり折れグセができやすくなります。しかも、肌の水分を保つのに必要な成分であるヒアルロン酸の量は加齢とともに減少します。

 

 

このため、いくら化粧水やシートマスク水分を入れても潤いを保持できない肌になってしまうんです。

 

理由そのニ ハリ・弾力不足
紫外線や加齢の影響で肌のハリや弾力を保つコラーゲンやエラスチンの量が減少。これにより皮膚を支えられなくなり、弾力(ハリ)を失ってしまうんです。

 

 

アナタもご存じの通り、
ハリや弾力の回復には、コラーゲンやヒアルロン酸が大事ですね。

 

でも、水分を多く含んだ美容液や化粧水では十分に浸透しないです。

 

いくら肌に強く浸み込ませても、悪影響がでるばかり。
だから、この『ヒアロディープパッチ』がおすすめなんですね。

 


 

\全額返金保証付!最大20%OFF!/

ヒアロディープパッチ 公式サイト≫

ヒアルロン酸は「塗る」ではなく、「刺」時代到来!

page top