ヒアロディープパッチ 特徴や効果的な成分

ヒアロディープパッチ 特徴や効果的な成分




 

では、ちょっと怪しげなヒアロディープパッチの特徴について詳しく解説していきます。

 

これまで発売されてきた、
どの化粧品の概念にはなかった新発想の商品がヒアロディープパッチです。

 

それは…
刺すヒアルロン酸

 

刺すヒアルロン酸?
刺すヒアルロン酸の正体は、
肉眼では見えない200μ(ミクロン)の微少な針。

 

なんども言うようですが、
『ヒアロディープパッチ』はヒアルロン酸自体をそのまま針にした画期的なシートです。

 

この針は、痛みを感じる痛点まで届かないように、
絶妙な針の長さで作られているので、痛みを感じることはありません。

 

針そのものが、ヒアルロン酸をメインとした美容成分で作られており
これを「ヒアルロン酸ニードル」と呼びます。

ヒアロディープパッチ 効果的な成分

針・ニードルの技術だけでは、ヒアロディープパッチのすごさは実感できません。

 

効果的な成分が伴わないと、その実力は実感できませんから。

 

ヒアロディープパッチは、口元の
年齢サイン・ほうれい線の原因それぞれにアプローチする成分を配合しています。

 

肌の中に入り込んで膨らむ、ヒアルロン酸

 

 

肌の水分を保持するヒアルロン酸は、水分を吸収しながら角質層の奥まで入りこみ、ふっくらと年齢サインを押し上げます。

 

失われたハリ・弾力に レチノール、FGF

 

 

レチノール(ビタミンAの一種)やFGFは皮膚の弾力を司るコラーゲンやエラスチンをサポートします。角質層に直接入り込み、加齢により失われたコラーゲン・エラスチンをサポートすることで肌にハリを与え、ふっくらと柔らかく滑らかな状態に整えます。

 

しかも!
ヒアロディープパッチは全成分に「水」を含みません。

 

 

ヒアロディープパッチは針が角質層に刺さったと、肌の水分で溶けだして成分が浸透します。美容成分だけを固めて作った針なので一般的な水分を含む化粧品よりも濃度が高いんです。

 

 

ヒアロディープパッチは、「これまで色々試したけどダメだった…」そんなアナタにこそ試して欲しいです。

詳しい使い方

ヒアロディープパッチは、成分も効果的に配合され、
そしてサポートもしっかりしてるので安心して購入できました。

 

でも、成分やサポートが良くても使い方が面倒くさくては、
買う気にならないですよね。

 

ここでは、私が検証・参考にしたヒアロディープパッチの効果的な使い方を掲載します。
使い方は簡単です。よくご覧になってくださいね。

 

とても簡単にケアできるのが、わかっていただけます。

 

ヒアロディープパッチの効果的な使い方は、
週に1回、貼って寝るダケの『プレミアムナイトケア』です。あなたも始めませんか?

 

『ヒアロディープパッチ』を使うタイミングは、次の通り。

 

 

洗顔後、化粧水で肌を整えてから、乾いた手で内袋を開けヒアロディープパッチを取り出します。※濡れた手でシートを触らないように注意してください。

 

 

シート中央のマイクロニードルに触れないように注意して、フィルムからはがします。

 

 

鏡に対して正面を向き、気になる部分にシートを貼ります。目回りに貼る際は、シートが目に入らないよう、シートの端を目の際から3mm程離して貼り付けてください。

 

ニードル部分が、小じわに直接当たっていなくても、ヒアルロン酸や美容成分は角質層でシートの範囲程まで溶け出し、広がります。※一度貼りつけたら貼り直さないでください。

 

 

貼りつけた後、シート全体を薬指と中指の2本で、真上から優しく2-3回押さえて肌とシートを密着させてください。

 

強く押したり、何度も押す必要はありません。(ニードルが溶けるまでには時間がかかります。)貼りつけた後、貼ったままの状態で就寝してください。

 

 

翌朝シートをゆっくりはがしてください。

 

 

より実感いただくために
「ヒアロディープパッチ」は肌の水分によって美容成分が角質層内で溶けだします。シートを貼る前にお手持ちの化粧水や乳液でしっかり保湿してください。シート貼って、チクチクしたら上手く針が刺さった証拠。人によってはそのあと10〜15分程度でジンジンとして違和感を感じます。その違和感は刺さったヒアルロン酸等の美容成分が角質層内で溶けだして広がっている証拠です。

 


 

\全額返金保証付!最大20%OFF!/

ヒアロディープパッチ 公式サイト≫

ヒアルロン酸は「塗る」ではなく、「刺」時代到来!

page top